ソニー銀行の預金者口座から約4000万円をだまし取ったなどとして、警視庁捜査2課などは21日、電子計算機使用詐欺容疑などで、東京都北区、元行員松浦康真容疑者(29)を逮捕した。 

【関連ニュース】
ソニー銀元行員逮捕へ=顧客から4000万詐取容疑
「パチプロに」、計1億余詐取か=容疑で3人逮捕
車に手接触させ事故偽装=詐欺容疑で31歳男逮捕
カード情報で家電購入、売却か=口座名義の男女逮捕
ホームレス使い口座開設=詐欺容疑で4人逮捕

<酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
宮崎9市町長、口蹄疫ワクチンに同意せず(読売新聞)
<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
刑務官暴行 「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
福井新聞記者を逮捕=複製DVD販売で―福井県警(時事通信)
[PR]
by l6qdqodtpw | 2010-05-28 16:14
 大分県中津市沖で18日、同市小祝、角秀幸さん(32)所有の漁船「あゆみ丸」(0.8トン)=県漁協中津支店所属=が転覆し、秀幸さんと母静子さん(57)が行方不明になっている事故で、大分海上保安部などは19日午前9時55分ごろ、転覆現場から北西約5キロの海上を漂流していた秀幸さんを発見し救助した。意識はあり、会話ができる状態だという。静子さんは見つかっておらず、捜索を続けている。

 大分海保などによると、福岡航空基地所属のヘリが発見、救助した。秀幸さんに目立った外傷はなく、病院に搬送した。秀幸さんは「明け方まで母と浮輪につかまり漂流していたが、離れてしまった」と話し、18日正午ごろ、波を受け転覆したという。【佐野優、深津誠】

【関連ニュース】
漁船転覆:2人が不明に 大分県中津市沖で
海難事故:漁船が転覆…1人不明 金沢沖
海難事故:貨物船同士が衝突…1隻が転覆 周防灘
転覆:小型ボートの82歳男性死亡 愛知・豊川のマリーナ
貨物船・漁船衝突:「原因」双方に 調査報告書

進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声−特養・個室ユニットの行方(1)(医療介護CBニュース)
国際定期便、10月末就航=羽田の新滑走路完成で―前原国交相(時事通信)
19日に日豪ACSA締結 東京で2プラス2(産経新聞)
子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)
トラックと後続車にはねられ、54歳女性死亡(読売新聞)
[PR]
by l6qdqodtpw | 2010-05-20 03:06
 大阪市中央区の大坂城下町跡で、オリーブオイルを入れていたとみられる、16世紀末〜17世紀初めの素焼きの壺(つぼ)が、市博物館協会大阪文化財研究所の調査で出土した。

 スペインか関係の深い地域で作られた後、日本に運ばれ、教会の儀式か南蛮料理に使われていたらしい。同研究所は、江戸幕府による鎖国以前、大坂の町が豊かな国際性を誇っていた様子がうかがえるとしている。

 壺は、大坂冬の陣(1614年)の焼土層の下から出土した。口の部分が欠けている以外、ほぼ完全な形で、高さ43センチ、最大径35センチ。底が丸いため立てることができず、側面の一部に傷があることから、ふたをして横に置いていたとみられる。

 同様の壺は、1600年にフィリピン沖で沈んだスペイン船「サン・ディエゴ号」内で見つかっており、16〜18世紀、オリーブ油を貯蔵、運搬するために使われていた。日本では、長崎市で見つかった16世紀末〜17世紀初めのキリスト教会跡で2点出土しており、3点目となる。

 鎖国以前の豊臣時代、大坂にはスペイン人が訪れ、教会があったとの記録が残されている。同研究所は「スペイン人か、南蛮貿易にかかわった商人がもたらしたのだろう」としている。

 壺は大阪歴史博物館(大阪市中央区)で展示中。

 松尾信裕・大阪城天守閣館長の話「西欧の宣教師が、ミサや洗礼に不可欠なオリーブ油を入れていたのではないか。儀式だけではなく、天ぷらなどの南蛮料理に使われていた可能性もある」

生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
普天間移設 社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
<ねずみ講>運営の元社長に有罪判決 京都地裁(毎日新聞)
[PR]
by l6qdqodtpw | 2010-05-12 19:02