<失業>パート狙い撃ち1月56.4% 非正規の解雇で突出(毎日新聞)

 厚生労働省は29日、解雇されたり派遣契約期間が終了するなどして、3月までに職を失ったか失うことが決まっている非正規雇用労働者の数が、前月から6440人増加したとする調査結果を公表した。調査を開始した08年10月からの累計は25万6731人に達した。

 1月20日時点で新たに把握した失職者、失職予定者は、派遣労働者1491人(23.2%)▽期間労働者1067人(16.6%)▽請負247人(3.8%)▽パートなどその他3635人(56.4%)だった。一昨年に大量の雇い止めがあり、派遣労働者が多くを占めていたが、この1カ月間の状況では、パートが大半の「パートなどその他」が最も多くなり、解雇人数も2990人で調査開始後最多になった。【東海林智】

【関連ニュース】
外国人労働者:09年15.7%増、最多は中国25万人
労働者派遣法:労組や弁護士が抜本改正求める
派遣労働者:携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設
労働者派遣法:12法案、参院での先議検討 政府・民主
雇用:各党が政権公約に

独特の色彩、初の「“画家”忌野清志郎」個展始まる(産経新聞)
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ(医療介護CBニュース)
<センター試験>願書受け付け始まる 国公立大2次(毎日新聞)
自殺防止の対策チームを新設へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言−自民幹事長(時事通信)
[PR]
by l6qdqodtpw | 2010-01-31 00:46