新幹線のぞみ窓ガラスひび、広島駅で応急処置 1千人に影響(産経新聞)

 13日午前7時5分ごろ、山陽新幹線新岩国−広島間で、博多発東京行きのぞみ2号(16両編成)の窓ガラスにひびが入っているのを車掌が発見した。乗客にけがはなかった。

 JR西日本東京指令所によると、1、2、4号車の窓ガラス計3枚に石のようなものがぶつかった跡があり、5〜15センチ大のクモの巣状のひびが入っていた。広島駅で応急処置を行って運行、27分遅れ、約1千人に影響した。

【関連記事】
踏切で秋田新幹線にはねられ女性死亡 盛岡
停電で東北、上越、長野新幹線が一時運転見合わせ
JR東海、リニア新幹線5年前倒し開業 神奈川〜山梨間 
年末年始JR利用者、落ち込み最大 前年比7%減
JR九州の新幹線 利用者が最大の減少幅

「バチスタの栄光」海堂さん、ブログで賠償命令(読売新聞)
路面電車にはねられ男性死亡=広島(時事通信)
<掘り出しニュース>県庁トイレに広告いかが? 栃木県が苦肉の策(毎日新聞)
速報や支援呼びかけでツイッターが活躍 ハイチ大地震(産経新聞)
<訃報>春風亭栄橋さん70歳=落語家(毎日新聞)
[PR]
by l6qdqodtpw | 2010-01-21 00:04