奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)

 奈良市の春日大社の境内で3月、ボウガンの矢が刺さった、妊娠中の雌の鹿が死んだ事件で、奈良県警生活環境課などは13日午前、鹿を矢で撃ったとして、文化財保護法違反(天然記念物き損)容疑で、津市芸濃(げいのう)町椋本(むくもと)、ラーメン店経営稲垣銀次郎容疑者(39)を逮捕、自宅兼店舗を家宅捜索した。

 稲垣容疑者は容疑を認めている。稲垣容疑者は周囲に、「店が借金で立ちゆかなくなった。鹿の肉を売って金もうけしようと思った」と話しているという

 捜査関係者によると、稲垣容疑者は3月12日夜〜13日未明、春日大社の表参道で、鹿に向けてボウガンの矢(長さ約50センチ、直径約7ミリ)を撃った疑い。

 稲垣容疑者が別の鹿を解体している様子を撮った写真をメールで送信していたほか、境内でほかに3本の矢が見つかったことなどから、県警は、ほかの鹿も撃っていた可能性があるとみて追及する。

村本さん無言の帰国…警視庁、銃弾の傷確認(読売新聞)
阿久根市長ブログに裁判官月給一覧…判決に反発(読売新聞)
検討委の結論「遅くとも連休明けに」=諫早湾堤防開門調査で−赤松農水相(時事通信)
<石破茂政調会長>「日本」との選挙協力に積極姿勢(毎日新聞)
上越新幹線、高崎―新潟駅間で一時運転見合わせ(読売新聞)
[PR]
by l6qdqodtpw | 2010-04-20 05:52